オンライン英会話でネイティブ講師を選ぶ意味

仕事やプライベートなどで英語をうまく話したい、そのような気持ちで英会話教室に通うことは多いです。教室に通わなくてもオンラインでレッスンを受けることもできれば、英会話を学ぶハードルは低くなってきています。

学ぶ上ではそれを教えてくれる講師も重要な役割があり、ネイティブスピーカーの講師を選ぶことによるメリットもあります。

話すスピードや発音が自然体で、方言やスラングなどの知識も身に着けることができる

ネイティブは英語が母語であり、物心つく頃から話していることになります。そのため話すスピードや発音は本来の英語であるため、話すスピードやしっかりとした発音を学ぶことができます。英語で日常会話をするのであれば、自然体で話せることが大事です。

ネイティブスピーカーの講師に教えてもらうことは、そういった基本を学ぶことができます。スピードが速くて難しいと感じることもありますが、上達するには大事なことなので挑戦してみましょう。また英語にも方言やスラングといったものがあり、ネイティブならではの言い回しを知ることができます。

ビジネスでもプライベートでもそういった言い回しを知っていれば、話を膨らませることが可能です。

常に英語を聞き続ける必要がある

日本人講師とは違い、ネイティブスピーカーの講師はレッスンがすべて英語で行われます。日本人講師であればわからないところがあれば日本語で質問することができますが、ネイティブスピーカーの講師の場合にはそうはいきません。

日本語を話せる人もいるでしょうが、基本的にはすべて英語での応答になります。そのため常に英語に触れている状態になり、多くの集中力が必要になります。気が緩んだ状態で勉強をしようともあまり身につかないように、英会話も焦りや緊張感を持ってレッスンを受けた方が身につくものです。

話せることと教えることは違う

ネイティブから教わることは良いことが多いですが、ネイティブに話せるからといって必ずしも教えることがうまいとは限りません。また英語を母語に持つ国は多く、国ごとに発音などにも違いがあることを把握しておくことが必要です。

このようにネイティブスピーカーの講師なら誰でもいいというわけではないので、目的に応じて講師を選ぶことが大切です。

自然に話したいならネイティブスピーカーの講師を、そうでないなら日本人講師も考えておくことが大事

英語を話すスピードやスラングなど、自然体で使えるようになりたいならネイティブスピーカーの講師を選ぶことが大事です。しかし必ずしも教えることがうまいわけではないので、その点に注意しなければいけません。このようなことを理解したうえでオンライン英会話を利用して、しっかりと英語を話せるように講師を使い分ける必要があります。

参考リンク《英会話の極意|英語のレッスン》http://eikaiwa-gokui.jpn.org/